« アタックNo.1! | トップページ | タイガー&ドラゴン「芝浜の回」 »

2005/04/15

アタックNo.1! Part2!

今日のランチタイムに同年代の人何人かで「アタックNo.1」の話になりました。
みんな、子供の頃にアニメを見ていたため、注目度100%!
(いや、全部で4人程度なんですけどね(^^ゞ)

そうしたら、1人の人が
「そういえば、クキクキッて曲がる魔球かなんかなかったっけ?」
と言い出しました。

あった、あった。でも、誰もその名前が思い出せない。

「何だっけ。"なんとか落とし"とかじゃなかった?」
「あ!"稲妻落とし"じゃない?」

   それは「サインはV」・・・でした。

「なんか、両方から飛んできて交差するのもあったよね!」

   それも「サインはV」の"X攻撃"・・・でした。

「なんか、"ヒグマ落とし"ってのもあったよね。あ、それは"サインはV"かなあ?」

   それは「燃えろ!アタック」でした・・・。

と、結局みんなもうボロボロでした。そしてついに誰の口からも「木の葉落とし」の言葉は出ないまま、お昼を終えたのでした。

あまりに悩んだので、家に帰ってから調べまくり、みんなの勘違いが判明いたしました。
記憶なんてそんなものですかね~(^_^;)

ちなみに、もし他に実写版になるんだったら何が見たいかでは、「巨人の星」(あの目の中で燃える炎はやはりぜひ再現を!)、「ドカベン」(問題はキャスティング)、「タッチ」(一番現実的?)、「キャンディ・キャンディ」(版権でもめてるうちは無理か?)
などなど、でした。

ところで、百恵ちゃんの「赤いシリーズ」もリメイクされるそうですね。
最近「ナツカシ」市場がとても活発です。今のテレビの制作現場を仕切っているのがそうしたモノを懐かしく思う世代の方、ということなのでしょうか。それとも、新しいネタを探すのが大変なために、過去の遺産から色々とひっぱりだして消費しなおしている、ということなのでしょうか。
なんにしろ、楽しめるものを届けてもらえるならば、見る側として文句はありませんが。

●サインはV(1969年)
 「V・I・C・T・・・」から始まる主題歌が印象的でした。

●燃えろ!アタック(1979年)
 「ヒグマ落とし」を破ったのは「ヒグマ返し」でした(笑)


|

« アタックNo.1! | トップページ | タイガー&ドラゴン「芝浜の回」 »

コメント

やはり、「ある」世代での注目度高いんですね。
(ビミョーに伏字(^^ゞ)

では、ぜひWebサイトでもごらん遊ばせ。
ほほ~う、この役をこんな人が・・・
と、けっこうウケますよ。

投稿: うづき | 2005/04/16 23:17

今日、やはりこのアニメの話で盛り上がりました。
子供の頃見ていた世代が 製作する側になったからでしょうかね。
・・・結局 私は見ていないのですが。(笑)

投稿: ハイジ | 2005/04/16 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96700/3717752

この記事へのトラックバック一覧です: アタックNo.1! Part2!:

« アタックNo.1! | トップページ | タイガー&ドラゴン「芝浜の回」 »