« 眠れる夜、眠れない夜 | トップページ | 愛・地球博 パビリオン予約してみました »

2005/04/20

第47回グラミー賞

今年のグラミーの発表があったのは2月13日。ずいぶん前のことなんですけど、授賞式の様子を見たのがつい最近なのです。いまさらな話題ですが、ご容赦ください(^_^;)
今年のグラミー賞はというと、レイ・チャールズが5部門を受賞し、まさに「レイ・チャールズ・トリビュート」といった感じでした。本当にアメリカの音楽界で尊敬されていた人だったのですね~。

グラミー賞の楽しみはやはりライブ・パフォーマンス(^^)
本当に豪華な顔ぶれの人達がさまざまなライブを繰り広げるので、ついつい夜更かしをして見てしまうのです。

今年のライブ・パフォーマンスで私の印象に残ったのは、まずはアリシア・キーズ。なんと、映画「Ray」でレイ・チャールズ役を演じたジェイミー・フォックスが登場し、名曲「Georgia on My Mind」をアリシアとデュエット。ジェイミー・フォックスの歌のうまさにあらためて感心しました。バックバンドの指揮者は、大御所クインシー・ジョーンズ

続いてはカニエ・ウェスト。ステイプル・シンガーズのメイヴィス・ステイプルブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマというゴスペル・シンガーとの共演。ゴスペル曲「Walk With Me」のサンプリング曲「Jesus Walks」のパフォーマンスでしたが、天使の羽つけて空中に浮かんでいくという凝った演出がカッコよかったです。
これ以外にも、アッシャーとジェームズ・ブラウンとの共演もカッコよかったです。

ところで、グラミー賞って31分野で107部門もあるんですね!びっくりしました。
普段ニュースなんかで見るのはアルバム・オブ・ジ・イヤーとか、ソング・オブ・ジ・イヤーなんていう主要な部門ぐらい。もちろんR&BとかJAZZとかの分野別に賞があるのは知っていたのですが、まさかこんなにあるとは・・・アメリカは広いですね。

グラミーのサイトで、ずーっと部門を見ていきましたらば、「Polka」という部門が!パーティーかなんかで楽しくダンスをしているようなイメージしかないんですが、アメリカでは確立した分野なんですね。
「Spoken Word」というものも。これは朗読CDらしいです。ちなみに今年のグラミー受賞作は「ビル・クリントン」氏の「My Life」。自分の自叙伝を自分で朗読して吹きこんだんですね~。
「Package」デザインが対象になるのはうなづけますが、「Album Notes」(ライナーノーツ)まで対象になるとは、本当にグラミーって奥が深いです。

ちなみに、なぜ「グラミー」と言うかといえば、蓄音機(グラモフォン)の形のトロフィーをもらうところからこの名で呼ばれるようになったそうです。

グラミー賞の他の部門や受賞者に興味をお持ちの方は、ぜひ公式サイトをのぞいてみて下さい。英語ですけど(^^ゞ

http://www.grammy.com/

|

« 眠れる夜、眠れない夜 | トップページ | 愛・地球博 パビリオン予約してみました »

コメント

いやいや~。
今年のジェイミー・フォックスはアカデミー賞とグラミー賞とどっちも顔を出したことになりますね。
俳優さんなのにすごく歌がうまいな~と思ってたら、幼い頃には聖歌隊にいたそうで。ご本人もアルバムを出してるんですね。

グラミー賞でのパフォーマンスも、とても良かったですよ。

投稿: うづき | 2005/04/23 10:53

また、間違えました・・・情けない。
グラミー賞。

投稿: ハイジtk | 2005/04/22 23:38

こんばんは!
アカデミー賞のサイトは 見ましたよ。
サントラ(ノミネートされたもの)は
2月にかなり聴きました。
といっても、ラジオで特集をしていたのですが。

アメリカは やっぱり違いますね・・・

投稿: ハイジ | 2005/04/22 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96700/3788842

この記事へのトラックバック一覧です: 第47回グラミー賞:

« 眠れる夜、眠れない夜 | トップページ | 愛・地球博 パビリオン予約してみました »