« 愛・地球博ツアー その2:会場にて | トップページ | 戦後のJAZZが流れる映画「この世の外へ ~クラブ進駐軍~」 »

2005/05/16

タイガー&ドラゴン「厩火事」の回

今回は、ちょっと切ないお話でした。テーマは稼ぎのある女房とひも亭主の話。


髪結いの仕事をしている「おさき」さん。このおさきさんの亭主というのが怠けぐせのある男で、女房に稼ぎがあるのをいいことに、働かずに昼間から酒を飲んでばかり。ついつい夫婦喧嘩ばかりの毎日。

ある日、おさきさんが仲人をしてくれた旦那の所に亭主の相談にやってきた。
「それで、お前さん今日はどういう話だい?」
「ええ、もう私は別れさせていただこうと思いまして。」
それを聞いた旦那、
「ああ、そりゃあその方がいいや。別れてしまいなさい。実はあたしが何日か前にお前さんの家に寄ってみると、あの男、刺身を1人前と酒を1本飲んでいやがった。女房のお前さんが外で働いて稼いでるときに、一人でまっ昼間から酒飲んでるだなんて、そんな亭主もう別れちまったほうがいいよ。」
すると、おさきさん、ちょっとむっとした表情になった。
「そりゃそうかもしれませんけど、何もあの人が刺身100人前用意して周りに配ったわけでなし、お酒を何合も空にしてひっくり返ってたわけでなし、何もそんなにおっしゃらなくたって。」
それを聞いてあきれた旦那、
「おいおい、別れたいって言ってきたのはお前さんの方なんだよ。」
「それはそうなんですけどお。」
「お前さん、いったいどうするつもりなんだい?」
「どうするって言っても・・・」
急に歯切れのわるくなったおさきさんに、だんながある話を聞かせた。

昔、唐土の国に孔子という偉い学者さんがいた。ある時厩が火事になり、たいそう大切にしていた白馬が焼け死んでしまった。弟子達は責められることを覚悟して、おそるおそる孔子様に告げた。しかし、孔子様は弟子達の体のことだけを心配し、馬のことは一言も言わなかった。
弟子達は、孔子様のその態度にいたく感激し、前以上に一生懸命尽くしたという。

それとは逆に、麹町のさる殿様。瀬戸物をずいぶんと大切にしていたが、ある日それをお客に見せた。大事なものだからと奉公人には触らせずに、奥様に運ばせた。しかし、この奥様が2階から降りようとしたときに、足を滑らせて下まで落ちてしまった。
すると殿様、すっとんできて、
「皿をこわしはしないか?」
と三十六回叫んだ。
幸い瀬戸物は奥様がしっかりと抱えていたからこわれずにすんだ。しかし、不人情な殿様に怒った奥様の実家が、大事な娘をこんな所において置けないと連れ帰ってしまい、なくなく離縁するはめになってしまった。

おさきさんの亭主も瀬戸物を大事にしていると聞いた旦那、亭主を試してみようと言い出した。
「お前さん、家に帰って亭主が大事にしてる瀬戸物を割ってしまいな。それで旦那が瀬戸物のことばかりいうようだったら別れてしまいなさい。」
「へえ、そりゃやってみますけど。もし瀬戸物のほうが大事だったら・・・。旦那、一足先にうちへ行って必ず体のことを聞くように亭主に言ってもらえますか。」
「それじゃあ本心がわからないじゃないか。お前さん、まだ未練があっていけないねえ。思い切ってやってみな。またいくらでも相談に乗ってやるから。」
「ありがとうございます。じゃあ、やってみます。」

家に帰ったおさきさん。食事の用意をするといって亭主の大事な瀬戸物を取り出し、割ってしまった。
「おい、おめえ、大丈夫か?どっか怪我はないか?」
それを聞いたおさきさん、
「ああ、うれしいねえ。あんた、そんなにあたしの体が大事かい?」
「おう、あたりめえじゃねえか。」

そこで亭主がサゲの一言。
「おめえに寝付かれちゃ、遊んでて酒が飲めねえ。」


今回は、上方の夫婦ドツキ漫才コンビ「まりも・まるお」が登場。まるおは虎児と同じく両親に死なれた男なんですが、その後が虎児と正反対の人生に。
笑いを無くした虎児に対し、笑うことで生きてきたまるお。そば辰さんの「関東と関西の違いか?」という言葉に妙にうなづいてしまいました。

まるおの気持ちを確認したいまりもが、厩火事のようにまるおを試します。
「私は末期がん。」
それでもまるおは自分をどつけるのか。
ラストは切ないですね。

まるお役の古田新太さん、さすがですね~。普段の不機嫌な様子と、舞台に上がったときの芸人顔の変化が楽しいです。
まるおに酒を飲まさないようにしている虎児とのそば辰でのやり取りが妙にツボにはまりました。
「まあ、飲みな・・・そば湯」
そば湯だけって、そりゃ不味いでしょ(^_^;)

竜二君とめぐみちゃん、なんだか大接近!次回が気になりますね~。

|

« 愛・地球博ツアー その2:会場にて | トップページ | 戦後のJAZZが流れる映画「この世の外へ ~クラブ進駐軍~」 »

コメント

こげぱんさん、PC復旧お疲れ様でした。

タイガー&ドラゴン、見逃せなくなってきましたね(^^)

名古屋弁はけっこうわかると思いますよ~。語尾に特徴があるかな。イントネーションがブログでは表現できないのが残念です(^^ゞ

投稿: うづき | 2005/05/19 00:58

こんばんわ♪うづきさん☆
コゲパンです(^▽^)
ようやくネットをきちんと見れました♪

万博、マンモス見れたんですか、
うらやましぃっ(≧▽≦)
それにしても、うづきさんの
お父様、面白いですね。。(笑

名古屋弁って
そんなにわかるものなんでしょうか?
一度聞いてみたいです♪

今回のお話、切ないですね、
サゲの一言がキキマス☆

タイガー&ドラゴン、
ますます今週は、
ぜひとも見たいです(>▽<)


投稿: こげぱん☆ | 2005/05/18 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96700/4157628

この記事へのトラックバック一覧です: タイガー&ドラゴン「厩火事」の回:

« 愛・地球博ツアー その2:会場にて | トップページ | 戦後のJAZZが流れる映画「この世の外へ ~クラブ進駐軍~」 »