« うちの猫さま3 | トップページ | NOLLY LIVE at Swing »

2005/09/30

「13日の金曜日」ってどういう日?

今日は金曜日なので、ちょっとそれに関わる話を・・・。

この夏に、ホラー映画の「13日の金曜日」シリーズの第1作目を初めて観ました。といっても、他の作品もテレビでチラッと見た程度で、ちゃんと観た事は一度もありません。

「13日の金曜日」と言えば、ジェイソン君。
ところが・・・1作目には出てこないんですよね。
ジェイソン君が登場するのは第2作目から。(1作目では名前だけ登場します。)1作目の犯人はジェイソン君以外にちゃんといて、ジェイソン君の存在は犯行動機に関わってきます。この第1作目のラストシーンは「キャリー」に通じるものがあり、ちょっと印象的。


映画についてはここまでにしまして。

映画タイトルの「13日の金曜日」についてです。
この日はキリスト教圏の方にとってはとても不吉な日。なんといってもキリストが処刑された日だから・・・と思っていたのですが、それが実は勘違い(^^;)
聖書の記述に基づいて検証すると、キリストが亡くなった日は「13日」ではなく、「14日の金曜日」なんだそうです。

では、なぜ「14日の金曜日」ではなく、「13日」なのか?
もともと「13」という数字は嫌われものの数字だったようです。
キリストを裏切ったユダも13番目の弟子です。

このこととキリストが亡くなった「金曜日」があわさって、「13日の金曜日」が最悪の日と考えられるようになったのではないか、と思われているそうです。
「不吉が2つ重なるのは大変だ!」ということなのでしょうか。

アメリカではこの日を恐れる「13日の金曜日恐怖症」の人が2000万人近くいらっしゃるとか。毎年10億近い経済的損失まである、なんとも呪縛力の強い迷信なんですね。

日本人にとって一番の厄日は「仏滅」なのでしょうか。でも、私は「結婚式は避けましょう」ぐらいの意識しかないのですよね。月に何回も来ますし・・・(~_~;)
「13日の金曜日」は年に数回しかありません。次回は来年の1月です。1年に何回かしかこないと、「キタ━━ !! 」(電車男風)って感じになるのでしょうかねえ?

|

« うちの猫さま3 | トップページ | NOLLY LIVE at Swing »

コメント

あらら。お友達にしてやられました?
ハイジさんはホラー嫌いでしたよね。大変でしたね~。

>13って 首吊り階段?の数ですよね?

いわゆる「13階段」ですね。
このタイトルのミステリー小説があって、読みたいと思ってるんです。
実際には階段はないらしいですから、イメージ的な言葉のようですよ。

投稿: うづき | 2005/10/03 01:01

学生の時に ホラーと知らずに映画館に入ってしまいました。
だから、途中から「?」・・・
友達は笑っていました~。
知ってたんだ。
というか 知らない私が馬鹿でした。
13って 首吊り階段?の数ですよね?
違ったかな~。
ハイジの知識は いつも曖昧だから!(笑)

投稿: ハイジ | 2005/10/01 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96700/6193682

この記事へのトラックバック一覧です: 「13日の金曜日」ってどういう日?:

« うちの猫さま3 | トップページ | NOLLY LIVE at Swing »