« キリゾー&モッコロ | トップページ | うちの猫さま3 »

2005/09/25

「電車男」最終回

先週・今週と、このクールのドラマが続々と最終回を迎えました。
「電車男」も終わってしまいましたねえ・・・実は密かに見ておりますた(微妙に電車男風(^^ゞ

最初は見ていなかったんですが、途中たまたま見てから、なんだかはずせなくなってしまい・・・
最終回はもうハンカチを握りしめながら見てましたよ(笑)
見終わってから、自分にとって何がそんなに魅力だったのかなあ、と考えておりました。

まずは電車男を演じた伊藤淳史くん。がんばってました!勇気を振り絞る彼の姿に、思わず「ガンバレ!」と声をかけたくなるシーンが多かったですね。彼が本当に一途に見えたからこそ、これだけの人が応援したくなったのだと、あらためて思います。
しかし、彼はこのドラマの中でどれだけ泣いたのやら(^_^;)

でも、それよりももっと心ひかれたのは、やはりスレ住人達とのやり取り。その部分が一番楽しかったです。
テレビドラマですから、それぞれスレ住人を個性的に仕上げていました。その配役やキャラクターもおもしろかったですよね。
なによりも、見も知らぬ人の恋をこれだけ一生懸命に応援していける・・・それが何とも自然に受け止められて、自分もスレの住人になったつもりで見ていました。
何かと悪評の高い匿名掲示板。殺伐とした雰囲気のスレも多い中、こういうコミュニケーションも生まれるのだなあと思うと、なんだかほっとします。


逆にちょっと残念だったのは、エルメスの存在感が今ひとつだったところでしょうか。個性的なヲタの面々に押されたというのはあったでしょうが、活躍の場が少なかったですよねえ。
男性からのアプローチがまったくなかった人だとは思えないので、その男性達よりも電車男くんにひかれたのはなぜなのか、もう少し詳しく語ってもらえると良かったと思うのですが。

脇役で印象的だったのは、白石美帆ちゃん演じる派遣社員の陣釜さんでしょうか。今回のドラマでは登場人物はかなりデフォルメされていたと思うのですが、陣釜さんもしかり。目を見開いて「あ~ん?」と凄む所など、妙にはまってましたよねえ。でも、豊原さん演じる桜井はちょっと?やることなすこと裏目にでるお笑いキャラだったのだと思いますが、あんまり笑えなかったかも。
(プロポーズのBGMが「宇宙のファンタジー」っていうのは個人的にツボでしたけど)

あ、最後に電車男のお母さんとして戸田恵子さんが登場しましたね。マチルダさんのフィギュアとセットで・・・。そういえば、マチルダさんの声って、戸田恵子さんでしたっけ(^_^;)

今クールのドラマでは平均視聴率が一番良かったらしい「電車男」。10月には電車のヲタ友達の松永氏(劇団ひとり)を主人公にした番外編が放送されるらしいですねえ。まだまだ電車男旋風は続くということでしょうか。

取りあえず、番外編楽しみにしています(^^♪

|

« キリゾー&モッコロ | トップページ | うちの猫さま3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96700/6104307

この記事へのトラックバック一覧です: 「電車男」最終回:

» ドラマ「電車男」(テレビ) [ドラゴンズ愛〜MANA'S DIARY]
ついに話題のドラマ「電車男」最終回でしたね。 初めて電車男の存在を知ったのは映画電車男のテレビCMでした。 「インターネット掲示板から生まれた奇跡の純情初恋物語」 インターネット掲示板ってまさか{/eq_2/}あの2チャンなの?だって、わたしが知ってる2チャンのイメージからは到底「恋が生まれる」なんて有り得ないし。まともな発言しようもんなら袋叩きに合うでしょ?普通。みたいな(笑)他人の恋愛ぶち壊すことはあっても、恋が生まれるor他... [続きを読む]

受信: 2005/09/25 12:40

« キリゾー&モッコロ | トップページ | うちの猫さま3 »