« ケイコ・リー Live! | トップページ | タワーズライツ »

2005/11/13

ファイティング・テンプテーション

2003年にアメリカで公開された作品。日本では単館上映だったようですが、「天使にラブソングを」が好きな方にはぜひ見ていただきたい映画です。

主演はキューバ・グッティング・Jr。トム・クルーズ主演の「ザ・エージェント」でアカデミー助演男優賞を受賞した方ということですが、残念ながら私はあまり存じ上げませんでした。ヒロインはあのデスティニーズ・チャイルドのビヨンセです。
また、この映画にはゴスペルアーティストがたくさん出演しています。シャーリー・シーザー、アン・ネズビー、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ、メアリー・メアリーなどなど。そのあたりも見所です。


【あらすじ】
 ニューヨークの広告代理店で働くダリン(キューバ・グッティング・Jr)は、嘘と見栄で自分を飾り立てるような生活を送っていたが、経済的に破綻寸前。一発逆転をめざして望んだプレゼンで顧客をつかむも、それがきっかけで会社に学歴詐称がばれてクビになってしまう。そんな時、故郷の教会で聖歌隊の指揮者をしていた伯母・サリーの訃報が彼の元に届く。
 葬儀後に公開されたサリーの遺言は、多額の遺産をダリンに譲るというものだった。ただし、ダリンが指揮者として聖歌隊を率い、ゴスペル大会で優勝することが条件。遺産が欲しいダリンは、「私は音楽プロデューサー」と大嘘をつき、指揮者を引き受けることに。ところが、この教会の聖歌隊は人数が少ないうえに超低レベル。とても大会に出られそうにない。
 仕方なくメンバー探しを始めるダリン。彼が最初に目をつけたのは、今はクラブ歌手として人気を集める幼なじみのリリー(ビヨンセ)だった・・・

******

ストーリーは、はっきり言って想像できます(^^ゞ
メンバー探しのドタバタはおもしろいですね。スカウトしてくるメンバーがとにかく個性的。飲んだくれオヤジのオルガン奏者とか、囚人(練習のたびに看守さん付きで監獄からやってくる)とか(笑)
口先だけで生きてきたようなダリン。最初は遺産欲しさに引き受けた指揮者ですが、聖歌隊を続けるうちにだんだんと変わっていきます。それは聖歌隊に入った他のメンバーも同じ。このあたりのストーリー展開はベタですが、思わずほっとしながら温かく見ることが出来ます。

ゴスペルシーンはやはりイイ!です。あまりに順調に上達するので、おいおい?とは思いますが(笑)ビヨンセは歌が上手いですね~。さすがの歌唱力を発揮しています。個人的には床屋さんがハサミやバリカンの音でリズムを取りながらポール・サイモンの「Loves Me Like a Rock」を歌いだすシーンなんかとても好きです。もちろんクワイヤの登場するシーンもいいです。「天使にラブソング」のゴスペルシーンに感動した方なら、多分ツボにはまると思います。ぜひご期待を(^^♪

|

« ケイコ・リー Live! | トップページ | タワーズライツ »

コメント

ハイジさん、ありがとう。

やっとトラバできました~。

投稿: うづき | 2005/11/30 23:51

観ましたよ!
とても良かったです。
また、頑張って歌おうと思いました。
トラバしてくださいね。
私は 内容とか書かないから・・・
是非是非!

投稿: ハイジ | 2005/11/27 16:34

ハイジさん、こんばんは~。

お近くにはありませんでしたか。
私が借りたのはツタヤだったので、あると思いますよ。
ビヨンセ出演!という割には上映されたのも単館上映だったみたいですし、今ひとつメジャーじゃないですね(~_~;)

また探してみてください(^^♪

投稿: うづき | 2005/11/26 00:19

こんばんは!
近くのレンタル屋さんには 
この映画、ありませんでした・・・
ツタヤならあるでしょうか?

投稿: ハイジ | 2005/11/24 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96700/7071966

この記事へのトラックバック一覧です: ファイティング・テンプテーション:

« ケイコ・リー Live! | トップページ | タワーズライツ »