« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/08

「THE 有頂天ホテル」

有頂天ホテル、見てまいりました(^^♪

大ヒット、らしいですね。まあ、あれだけガンガン宣伝していれば・・・(^_^;)
もちろん、映画はとても楽しかったです。2時間があっという間に過ぎていきました。

【あらすじ】
イタリア語の名前を持つ「ホテル アバンティ」
お客様を「お帰りなさい」と迎えるこのホテルは、高いステータスを誇る一流ホテル。
今日は大晦日。カウントダウンパーティーの準備が進められ、どのスタッフも慌しく立ち働いていた。しかし今年は難問山積。マン・オブ・ザ・イヤー受賞パーティーの準備や、宿泊客の汚職国会議員を追っかけてきたマスコミの対応、盗難騒ぎ、芸能プロの「あひる」の脱走騒ぎ・・・。さて、無事に年は越せるのか?

*****

色々なストーリーが同時進行で進んでいきます。まさに人のいるところにドラマあり(^^)出演者の数だけドラマがあるという感じです。

・副支配人兼宿泊部長:新藤平吉(役所広司)
 仕事大好きで周りの人望も厚い副支配人。実は意外に見栄っ張りで、元妻の前でウソをついてしまったことから段々と悪い方向へ・・・。以前、古畑任三郎で風間杜夫さんがウソを取り繕おうとして段々とハマっていく犯人役を演じていましたが、そんなムードが漂います。かぶり物姿までご披露していただいて、さすがの熱演です。

・汚職国会議員:武藤田勝利(佐藤浩一)
 汚職事件に絡み、マスコミから逃げてホテルアバンティにやってきた国会議員。崖っぷちに立たされた彼は途方にくれて・・・。
彼もどうやら「かっこつけたがり」らしく、この期に及んでも自分に素直になれずにいます。佐藤浩一が国会議員というのはさもありなん。スーツがビシッと似合います。かっこよく決めているのにビミョーに情けない感じがgood!


出演者は他にも本当に豪華。しかもエピソードを抱えて出てくる人が多いので、追いかけるのが本当に大変(^_^;)
個人的に注目なのはてっぺん禿げの芸能プロ社長役の唐沢寿明さんと、超地味な筆耕係役のオダギリジョーさん。あ、寺島進さんも出ています(^^)


 この映画のタイトルはミュージカル映画の「有頂天時代」と「グランドホテル」から取っているそうです。
残念ながら私はどちらも見ていないのですが、「有頂天時代」はジンジャー&フレッドの映画、「グランドホテル」はグレタ・ガルボ、ジョーン・クロフォード、ジョン・バリモアなどスター勢ぞろいの映画だそうです。「グランドホテル」に関係するエピソードは劇中にも出ていて、「このホテルのスイートルームは『グランドホテル』出演俳優の名前からとっている」と新藤副支配人が語る場面があります。
三谷幸喜さんは映画が本当にお好きなんですね。ラストでYOUが歌うハッピーな曲「If My Friends Could See Me Now」も、「スイート・チャリティ」というミュージカル映画でシャーリー・マクレーンが歌っている曲だそうです。大騒動のコメディのしめくくりにはすごくふさわしいムードで、原曲が聞きたくなってしまいました(^^)

さて、もうひとつ映画つながり。
映画の冒頭に田中直樹&八木亜希子が登場。ホテル・アバンティにちょっとした騒動を引き起こすカップル役なのですが、前作「みんなのいえ」からのつながりです。「みんなのいえ」を見た方なら思わず吹き出してしまうような会話を交わしています。


今回、この映画はフジテレビがかかわって大プッシュしているわけです。フジテレビさんですが、「あの」ライブドアとの共催でミュージカル「グランドホテル」を1月に上演しているのですよねえ。
・・・えっと、何かつながりが?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »