« 2006年3月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/04/17

吉田美奈子&渡辺香津美

もう1週間前になるのですが、ブルーノート名古屋に吉田美奈子さんと渡辺香津美さんを見にいって来ました。3月末のヒューマンソウルに続いてあまり間が開いてませんので、おかげで今月は緊縮財政(^_^;)

香津美さんは好きで何度も見にいっているのですが、吉田美奈子さんはほとんど初めて。
ファーストステージに行ったのですが、場内はほぼ満席。さすがですね~。たまたま3月末にヒューマンソウルに来ているので、ついついその時と比べてしまうのですが、場内は男女半々?ちょっと男性多目?といった感じ。客席のムードもこれまでにきたブルーノートのライブのムードとほぼ同じでした。(ヒューマンソウルの時は見渡す限り女性だらけでしたから・・・(^_^;))

まずは香津美さんが登場して、1曲。うーん、いつもながら素晴らしいです。
その後、吉田さんが登場。なんとも不思議かつ魅力的なオーラをまとった方で、思わず見とれてしまいます。一声出すと、それがまた素晴らしい存在感。個性というのはこういうことをいうのだなあ、というのを改めて感じました。時にささやくように、時に会場の隅々にまで響くような声で、緩急自在の素晴らしい歌声でした。
「Liberty」を歌われた時などは思わず目がうるうるしてしまいましたよ・・・

吉田美奈子さんの最新アルバム「Spangles」に、香津美さんが作曲した「8月の永遠」という曲がはいっているとのことですが、これがなんとスカパーのアニメ専門チャンネルで放送されている「妖怪人間ベロ」のリバイバル版の主題歌だとか。
歌詞にぴったりのタイトルバックになっていて吉田さんが感動したそうなのですが、我が家は見られないんですよね・・・
見てみたいです。昔のアニメを知っている身としては、タイトルバックだけではなくて本編の方も・・・(笑)


実はこの日、入場を待っている時に友人夫妻にばったり。
その節はお世話になりました。
またお会いしたらよろしくね~(^^)/~~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/10

箱入り娘

久しぶりにうちのにゃーさんにご登場いただきます。

猫というのは、本当に色々なところに入りたがります。目ざとく見つけるんですよね~。
先日も、箱があったらさっそくチェック。
Hakoiri01


袋も好きです。
Hakoiri02


これだけではお顔が見えませんので、最近のお嬢さんのお見合い写真をば1枚。
Hakoiri04


Hakoiri03

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/06

球春到来!!

いよいよセ・リーグも開幕!まさに球春到来です。

球春とはよく言った言葉だなあ、と改めて思いました。
この言葉、いつ頃から使われているものなのでしょうね。俳句の新しい季語としては認められているようですが、我が家の古い国語辞典には載っていませんでした。最新の辞典なら載っているんでしょうか?

開幕というと、毎回誰が始球式をするかというのも話題のひとつになります。今年の中日×広島戦では今をときめくフィギュアの浅田姉妹が登場しました。
女性が始球式に登場すると、いつも思うのですが・・・
浅田真央ちゃんのような、オリンピッククラスのアスリートであっても「女の子投げ」なんですよね~。

しかし、なんとなく見た目で判断しているものの、「実際に女の子投げってどこが違うの?」と考えると、さて、どうなのか?
困った時のネット頼みで検索をかけてみると、「砲丸投げのような」というたとえを発見。ああ、そうか!肩をあまり使わずに投げるのが女の子投げなのね。
どうやらいわゆる「男の子投げ(?)」は練習することによってできるようになる投げ方のよう。男の子でもボールを投げる経験が少ないと「女の子投げ」になっちゃうということなんですね。

実は私、幼い頃から父とキャッチボールをして育ったため「女の子投げ」ができないのです。よく素振りもしてました。
これも父の仕込みのタマモノということですか(笑)
(大リーグ養成ギプスをつけた経験はありませんが(^^ゞ)


さて、我が愛するドラゴンズは現在とりあえず勝ち越し・・・。
まあ、まだ滑り出しですから(^_^;)

先日、夜遊びに出かけた際、街中の交差点で見かけた桜の木はけっこう花開いておりました。
東海地区は桜もこれからですしね。
ドラゴンズにもこれから大いに期待をしたいところです。

Sakura


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2007年1月 »