« 2007年2月 | トップページ

2007/03/19

「ドリームガールズ」

「ドリームガールズ」観て来ました♪
始まって早々のドリーメッツ3人のライブシーンで、すっかり心をつかまれてしまいました。音楽シーンは無条件に華やかで迫力があって、とても楽しかったです。
ストーリーは音楽業界に夢を追う青春モノに音楽業界裏話がからんで興味もひくし、感情移入もしやすくて、エンターテイメントとしてとてもよくできていると思いました。

アカデミー賞を受賞したジェニファー・ハドソンは、さすが迫力ある歌声を聞かせてくれます。オーディション番組「アメリカン・アイドル」で惜しくも優勝できなかった人だそうなんですけど、アメリカのオーディション番組ってレベルが高いんですね。更に、エディー・マーフィーがあんなに歌って踊れる人だとは!ジェームス・ブラウンばりの失神パフォーマンスなんか、大ウケしちゃいました。ジョン・ベルーシしかり、サタデーナイトライブ出身のコメディアンはみんな音楽ポテンシャルが高いのでしょうか。そういえば、ジェイミー・フォックスも元々はスタンドアップコメディアンでしたけど、歌手活動もしていますね。
ビヨンセはとてもきれいだったのですが、ヒロインというにはジェニファー・ハドソンに食われていたような?ストーリーの前半はほぼエフィー中心でしたしね。ただ、後半に「Listen」を歌うシーンはさすがの迫力でした。これは映画で付け加えられた曲のようなので、ビヨンセの見せ場のために追加されたんだろうなあ、と考えてしまいました。

この作品はモデルがモータウンレコードとシュープリームスであることは明々白々・・・。ならばどこに実話のエピソードが入っているのかというのが、個人的にとても気になるところ。後ほどあげて見たいと思います。


【ストーリー】
エフィー・ローレル・ディーナの3人は、ドリーメッツというコーラスグループを結成。地元デトロイトでアマチュアオーディションへの出演を続けていたが、いまだ日の目を見られずにいた。音楽業界に参入する機会を狙っていたカーディーラーのカーティスは3人の実力に目をつけ、ローカルスターのジミー・アーリーのコーラスとして3人を推薦。自らもジミーのマネージメントに参加することとなる。
エフィーの兄・CCの楽曲が受けて、ジミーとドリーメッツの人気は急上昇。黒人チャートの上位に入るようになるが、白人中心のラジオ局では放送もしてもらえない。全米に打って出るには金がいると考えたカーティスは、違法賭博にまで手を出して金を調達。自らのレーベルを設立する。
ラジオ局DJへの賄賂のおかげでジミーとドリーメッツの人気は全国へと広がっていく。ジミーとドリーメッツの全国ツアーを実現させたカーティスだったが、ジミーのステージは白人層にいまひとつ受けが悪い。カーティスはディーナを中心にすえ、ドリームズとして売り出すことを決意。ソウルフルな歌声のエフィーよりも、ルックスがいいディーナの方が白人に受けるとの判断だった。
カーティスの決断をいったんは受け入れたエフィーだったが、不満のためトラブルを起こすようになり、ついにはドリームズを去ることに。
エフィーに変えて新メンバー・シャロンを加えたドリームズは、更に栄光への階段を登っていく・・・


*********

ジェイミー・フォックス演じるカーティスのモデルは、モータウンレコード創業者のベリー・ゴーディー。

続きを読む "「ドリームガールズ」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年2月 | トップページ