2006/04/06

球春到来!!

いよいよセ・リーグも開幕!まさに球春到来です。

球春とはよく言った言葉だなあ、と改めて思いました。
この言葉、いつ頃から使われているものなのでしょうね。俳句の新しい季語としては認められているようですが、我が家の古い国語辞典には載っていませんでした。最新の辞典なら載っているんでしょうか?

開幕というと、毎回誰が始球式をするかというのも話題のひとつになります。今年の中日×広島戦では今をときめくフィギュアの浅田姉妹が登場しました。
女性が始球式に登場すると、いつも思うのですが・・・
浅田真央ちゃんのような、オリンピッククラスのアスリートであっても「女の子投げ」なんですよね~。

しかし、なんとなく見た目で判断しているものの、「実際に女の子投げってどこが違うの?」と考えると、さて、どうなのか?
困った時のネット頼みで検索をかけてみると、「砲丸投げのような」というたとえを発見。ああ、そうか!肩をあまり使わずに投げるのが女の子投げなのね。
どうやらいわゆる「男の子投げ(?)」は練習することによってできるようになる投げ方のよう。男の子でもボールを投げる経験が少ないと「女の子投げ」になっちゃうということなんですね。

実は私、幼い頃から父とキャッチボールをして育ったため「女の子投げ」ができないのです。よく素振りもしてました。
これも父の仕込みのタマモノということですか(笑)
(大リーグ養成ギプスをつけた経験はありませんが(^^ゞ)


さて、我が愛するドラゴンズは現在とりあえず勝ち越し・・・。
まあ、まだ滑り出しですから(^_^;)

先日、夜遊びに出かけた際、街中の交差点で見かけた桜の木はけっこう花開いておりました。
東海地区は桜もこれからですしね。
ドラゴンズにもこれから大いに期待をしたいところです。

Sakura


| | コメント (4) | トラックバック (0)