2006/01/24

的矢かきとお伊勢参り

先日、牡蠣料理を食べに伊勢志摩へ行ってまいりました。
食べに行ったのは「的矢かき」です。この牡蠣は三重県の的矢湾で養殖されている牡蠣。「清浄無菌かき」として三重県のブランドに認定されています。佐藤養殖場というところの牡蠣なのですが、紫外線で殺菌した海水を利用して細菌をとりのぞくので、安心して生食できるのだとか。身もぷりっぷりに大きくて、とてもおいしい牡蠣です。

料理をいただいたのは、この的矢湾を高台から見下ろすロケーションにある「いかだ荘 山上」という料理旅館。今回は宿泊ではなく、お昼のお食事だけいただいてきました。
高台だけに、窓からの景色は見事なオーシャンビュー。的矢湾を一望することができます。
kaki3
海に浮いているのは牡蠣の養殖筏です。

的矢かきのフルコースをいただいて参りました。
生かきはもちろんのこと、カキフライやシンプルな焼きかきも最高!伝宝焼きという卵とチーズをかけて焼いてあるグラタン風のメニューもおいしいです。なんと、全部で12品ものかき料理が登場。食べたかきの数を数えたくなることうけあいです(^^♪
kaki1
kaki2


お食事の後は、牛に引かれて・・・ならぬ「牡蠣に引かれてお伊勢参り」ということで(あれ?使い方違います?(^^ゞ)伊勢神宮にお参りに寄ってきました。

ise1

伊勢神宮は外宮と内宮があるのですが、今回行ったのは内宮です。さすがはお伊勢さん、最初の宇治橋の大鳥居のところからお参りする正宮まではけっこう歩きます。途中はずっと砂利道。値段の高い皮靴なんぞ履いていくと悲しい思いをするかも・・・ましてやピンヒールはやめた方が賢明です。
ise2
ここはまだまだ序の口・・・

さて、無事お参りをしたら、次の楽しみは「おはらい町」と「おかげ横丁」。
おはらい町はいわゆる門前町。ここはもう、ものすごい人人人・・・。食い気と買い気にあふれていて活気はものすごいです。あまりにすごい人でうっかり写真を撮り忘れました(泣)
このおはらい町の真ん中あたりに「赤福」の本店があります。やはりここへ来たら赤福でしょう。ということで、赤福餅をゲット。赤福本店ではほうじ茶とともに赤福をいただけます。今回は食べ損ねましたが、今の季節はぜんざいもいいですね~。夏には「赤福氷」がオススメ。抹茶のカキ氷の中に赤福が入っているのです。
ise3

「おかげ横丁」はこの赤福の本店の近くにあり、ミュージアムや雑貨屋などのお店が立ち並ぶ、楽しい通りになっています。江戸時代にお伊勢参りが庶民の間でブームとなり、それを「おかげ参り」といったそうで、その華やぎをイメージしているそうです。
確かに華やいでますよ。こんな招き猫たちも迎えてくれました。
ise4

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/12/05

タワーズライツ

気がつけばいつのまにやら12月。
街を見ればイルミネーションが美しくきらめく季節。


名古屋駅前のJRセントラルタワーズのイルミネーションを見ることが出来ました。毎年、けっこう楽しみにしています。
このイルミネーション、タワーズライツも今年で5年目になるそうで。
2003年の冬までは、神戸のルミナリエのような光のアーチなどがあり、ゴージャスな感じでした。
2003-1


昨年からは少しシックに路線変更。3本の大きなツリーと雪をイメージしたイルミネーションに。

さりげなく(?)モリゾー&キッコロも万博の宣伝をしていたりして(^.^)



2004-1


2004-2

今年はそのシック路線を引き継ぎながらグレードアップ。
ツリーが5本に増えました!バックには星座がきらめいています。ツリーの麓には光でドレスアップしたかわいい動物達。
2005-1

2005-2


毎年のこうしたイルミネーションのプランを考える方々は大変でしょうね。おかげで、私たちはこうして光を楽しむことが出来ます。今年は昨年以上に、イルミネーションをお見かけするような気がします。商店街などでも、一般家庭でも。

冬は空気がきりっと冷たいので、イルミネーションもとてもキレイ。


でも、冬は空が澄んでいて、星もとてもキレイな季節。とても見つけやすいオリオン座、全天でもっとも明るい星シリウスのあるおおいぬ座、赤い一等星アルデバランを目の部分に持つおうし座などなど。冬の星空は明るい1等星が多く、華やかな星空なのです。

地上のイルミネーションだけじゃなくて、星も見上げなくてはね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/09/23

キリゾー&モッコロ

終幕まであと数日を迎え、連日20万人(以上)の人を集めまくっている地球博。
人気のキャラクター、モリゾー&キッコロの“偽者”が登場!その名も「キリゾー&モッコロ」

さて、その正体はというと、モリゾーとキッコロのパーツが入れ替わったキャラクターです。私が見たのはヤフーのニュースで、ですが、朝日新聞にも載ったそうです(^^)
この“偽者”について、万博協会さんは「キャラクターが認知されている証拠。特に実害もない。」と黙認の構えだそうなので、心置きなく楽しませていただけそう。


自分でパーツを入れ替えて遊べる、楽しいフラッシュが公開されています。けっこう私の周りでウケているので、もしまだ見ていらっしゃらない方は、ぜひご覧ください。いろんなバージョンが楽しめますよ♪

・AZFlashさん「キリゾー&モッコロ」
http://azflash.net/az/fla/kirizo.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/06

愛・地球博 閉幕ダッシュ!

愛・地球博もいよいよあと1ヶ月となりました。
駆け込み需要ということで、8月後半から一気に入場者数が伸びてきましたね。

9月3日の土曜日には過去最高の人出、総勢約25万人の人が入場しました。この日は本当にすごかったようです。通路を走る「グローバル・トラム」という乗り物も歩行者が多すぎて危険ということで運行停止。自動販売機に100人以上の人が並び、女性用トイレの待ち時間が1時間になった所もあったとか。皆さん、なんとか我慢できたんでしょうか・・・余計な心配をしてしまいます(~_~;)

・yahooのニュースにあった、万博の混雑の写真。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050904-00000012-maip-soci.view-000


前にも入場人数の件を記事にしたことがあったのですが、やはり皆さん、なるべく少ない時に来たいと考え、結果裏目に出たということなのでしょうか。
この9月3日は団体バスの旅行者も多かったそうなのです。きっと、「夏休みは混雑するだろうから避けよう」ということで、新学期が始まったばかりのこの土日に旅行を設定されたのではないでしょうか。実は我が家も最初はこの日に行こうと考えていたのです。ちょっと予定変更でお盆に出かけたのですが、おかげでここまでの混雑には会わずに済みました。少なくとも、自販機やトイレに並ぶことはありませんでしたから(^^ゞ

今回の万博では、事前に販売された前売り券でまだ使われていないものがまだ300万枚近くあるそうです。この前売り券が全部使われるかどうかはわかりませんが、これから閉幕まではやはり大混雑が続きそうですね。

そういえば、外国館のお土産ショップでは、閉幕間近ということでバーゲンがはじまっているとか。商品を持って帰っても運送費で損をするということで、なんとか売り切ろうとしていらっしゃるようです。バーゲンと聞くと、ちょっとのぞいてみたい気もしますね~。そういえば、万博公式グッズはバーゲンされるのでしょうか?


そろそろ万博終了後のお話もちらほら。あちこちで誘致合戦が行われていた人気展示「サツキとメイの家」は愛知県に無償譲渡され、今の場所にそのまま残されるのだそうです。万博終了後は会場の解体に約半年かかるため、その後に公開する予定とのこと。

万博の後片付けって半年以上かかるのですね。さすがは一世一代のお祭。後片付けもハンパじゃないですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/29

イタリアン・スパゲッティ(名古屋風?)

久しぶりに名古屋ネタです(^^)

名古屋のスパゲッティといえば、まずは「あんかけスパゲッティ」なのですが、もうひとつ特徴のあるスパゲッティがあります。
その名も「イタリアン・スパゲッティ」(略してイタスパ)です。
スパゲッティなのに、今さらイタリアンとはこれいかに?

その実態はといいますと・・・・
 スパゲッティは、ナポリタンスパゲッティ。ウインナー・玉ねぎ・ピーマンなんかが入って、ケチャップ味にいためられたあの懐かしいスパゲッティが、通常ハンバーグやステーキがのってくるはずの鉄板にのって出てまいります。要は「鉄板」スパですね(^^)
teppan


 写真を見て分かるように、鉄板の上には溶き卵が流し込まれ、薄焼き卵が出来上がっております。その上にナポリタンがしっかりと乗るわけですね。スパゲッティがいつまでもアツアツで食べられるし、鉄板と接している部分がちょっと香ばしくなったりして、私にとっては郷愁をそそられる懐かしい味です。

(この写真は、実はちょっとズル。あんかけスパのチェーン店・パスタ・デ・ココで出されている「鉄板」スパです。本来のイタリアン・スパゲッティは昔ながらの喫茶店などで出されるメニューなので、ちょっと風合いは違いますが、雰囲気は分かっていただけるかと・・・。)

 私が小さい頃は、近辺にあまりレストランなどなく、たまに喫茶店でお食事するのが楽しみでした。我が家がよく行く近所の喫茶店のスパゲッティがこの「鉄板スパ」だったおかげで、私は当時「鉄板にのっているのが正式なスパゲッティ」なのだと思っておりました。知らないってコワイですね(^_^;)
 ちなみにそのお店ではスパゲッティだけでなく、焼きそばも焼きうどんも鉄板にのって出てきました。この場合は薄焼き卵は引いてなくて、目玉焼きが上にのっていました。

 東海地方在住の方以外は、なかなかお目にかからないであろうこのメニュー。ウチの近くのパステ・デ・ココでは、通常のメニューに100円をプラスすると、鉄板メニューにしてくれるのですが、このサービスは中部以外のパステ・デ・ココでもやっているのでしょうかねえ?

ちなみに、なぜイタリアン・スパゲッティなのか。関西方面ではケチャップ味のスパゲッティの事を「イタリアン」というお店が多いらしいので、関西風のネーミングなのでしょうか。
鉄板にのせるから「板スパ」・・・という説もあるようです(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/08/23

万博のお土産

愛・地球博に行って来て、なぜだか買ってきてしまったお土産達をご紹介します。

figua
まずはモリゾー・キッコロのフィギュア。
これはフィギュア界の王道、「海洋堂」のミニヴィネットフィギュアコレクション。「モリゾー&キッコロ 森のリーフビスケット」というお菓子についている食玩で、5種類が市販されています。会場内ではこの5種類に会場限定の2種類を加えた7種類がカプセル入りフィギュアとして公式ショップで発売されています。会場限定に惹かれて取りあえず2個を買ったら、会場限定の2種類が出ました。すっごい運がいい!と一瞬思ったのですが、もしかしたらこの2種類の率が高くなっているのかも(^^ゞ

papet
次はモリゾー・キッコロのハンドパペット。
こう見ていると分かりにくいのですが、手を入れまして、口を動かすことが出来ます。口を動かすと音もでますよ(^^)しかし、キッコロはかわいいのですが、モリゾーの口は、なんか「たらこくちびるっぽい」感じ。

dvd
次は、パビリオン「夢見る山」のシアター「めざめの方舟」のショップで売られていた上映映像のDVD。
やはり会場限定です。ここではこれ以外にもフィギュアやキャラクターグッズが売られていました。パビリオンごとにショップがあるので、モリゾー&キッコログッズに興味がない方はパビリオン観覧の際にお土産も調達しても良いかも。三菱未来館には宇宙食なんかも売っていました。

hat
次は、やはりキャラクターに戻って・・・。モリゾーのテンガロンハット!
会場以外のいったいどこでかぶるのか、という疑問はさておいて、万博気分を満喫するには良いグッズかと(^_^;)ツバはボタンで留めたり、はずしたりが可能。あごひもの先には小さなキッコロのマスコット付きです。

家に帰ってきてからどうしようか悩んで、うちのにゃーさんにかぶせて見ました。最初はおとなしくしていたものの、ちまちま配置を変えて撮影していたら、ついに逆襲開始!
nyahat1
nyahat2


ということで、地球博に行ったら、なぜだか家にモリゾー&キッコログッズが増えてしまいました。おそるべし、キャラクターパワー(笑)

本来の“大人のお土産”としては、外国館あたりで色々と買うのがよいのかとは思いました・・・。世界のお土産が1箇所で手に入ることなんてそうはないですし。スペイン館にはロエベショップなんかもあるそうです。ああ、韓国館には韓流スターのグッズなんかもあるようですよ。お好きな方はぜひ(^^♪

ちなみに、公式グッズショップは夕方から夜にかけては大混雑します。お菓子とかちょっとしたグッズは、名古屋市内の百貨店や名古屋駅構内の売店にもあったりするので、そちらでの調達を考えた方が楽かもしれませんね~。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/08/17

愛・地球博に行ってきました

8月の15日にやっとこさ、地球博に出かけてまいりました。
結局、日程の都合でお盆に行くことに・・・。急に日程が決まったため、インターネット予約なども一切取れず。混んでることは覚悟の上で出かけました。
結局この日は入場者が166,356人。これまでで上から数えて5本の指にはいるぐらいの人出でした。

とにかく行き帰りだけでも楽できるように、と最寄の駅から万博会場まで直通のExpoライナーというバスを予約。
乗り換えの必要がなく、完全指定席なので、その分楽ができました。今回は午後に出発して夜9時過ぎに会場を離れる便を予約しました。

expo01
さて当日、会場に着いたのは午後2時頃。この時点で入場者数は10万人を越えていたのではと思われます。
実際の人波としてはこんな感じ。
今回の万博で1番人気の日立のパビリオンはすでに5時間待ちとなっていました。他の企業パビリオンも80分~180分といったところ。

expo02
とりあえず企業パビリオンの混み具合を見ながら場内を歩き、「ロボット・ステーション」へ。ここにはリアルな恐竜ロボットや美人接客ロボット、子供と遊んでくれるロボットPaPeRo(パペロ)がいます。すごいなあと思いながら、早くC-3POみたいなロボットができないかしらと思ってしまうのでした。

それからアジア・オセアニアの外国館があるグローバル・コモン6の方へ。ニュージーランド館の巨大ヒスイに触ったりしてしばらく過ごしました。

expo04
それから企業パビリオンの方へ取って返し、4時頃から、80分待ちだった「三菱未来館」へ並びました。ここは「もしも月がなかったら地球はどうなっていたのか」を巨大映像で見せてくれます。頭上やサイドまで広がる映像は、その大きさだけでも迫力あり。さらに映像に合わせて床が揺れる演出もあります。けっこう楽しめました。

三菱未来館を出てから、「夢見る山」の所へ。「めざめの方舟」の整理券を何とかゲット。もらえたのは終了1回前の8:30上映の券でした。この時点で6時。

とりあえずレストランで食事、ということで「ワールドレストラン」という色々な料理のあるフードコートへ。海鮮チヂミがおいしかったです。マンゴーソフトクリームも食べました(^^)v
ただ、食券を買うのと、席の確保は大変でした。

expo06食事後、「マンモスラボ」へ。50分待ちということでしたが、30分ぐらいでマンモスを見ることが出来ました。まだ時間があったので、マンモスラボの脇にある「こいの池」のまわりをぐるっと回りながら名古屋市のパビリオン「大地の塔」の所へ。建物自体はものすごい列で入ることは出来ませんでしたが、まわりには「切り絵灯篭」があり、夜はとてもきれい。

expo07夜の演出としては「ほたる花」もキレイ。かわいらしい花のような電飾が光ります。太陽光で充電するそうです。「ほたる草」もあって、色が違うようです。青いのが「花」で緑の「草」?


expo08
時間が来たので「めざめの方舟」へ。
この「めざめの方舟」は「イノセンス」「攻殻機動隊」の押井守監督が総合演出を手がける体感型シアター。中には擬人キャラクターのフィギュアが並び、床・壁・天井の卵型スクリーンなどに写される10分間の映像を照明・音響の演出とともに眺めるもの。好き嫌いは分かれるでしょうね。おみやげ売り場にキャラクターのフィギュアが売っていたのですが、12,800円もするのに売り切れが!コアなファンがいらっしゃるのねえ、と思いました。私は・・・会場限定の映像DVDを買って来てしまいました(^^ゞ

万博会場は10時までやっていますが、パビリオンは9時まで。ここで観覧は終わりです。それからいくつかお土産を購入して、帰途に着きました。
やはり、夜は歩きやすいです。それに夜景やライトアップもキレイなので、良いですね。15日はさすがに「夜だからすいている」ということはなかったのですが、日光が照り付けないというだけでもありがたかったです。

しかし、やっぱり人ごみには疲れました・・・(-_-;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/02

新世紀・名古屋城博

現在、名古屋ではさまざまな万博関連イベントがあります。その一つが「新世紀・名古屋城博」です。イメージモデルは元モーニング娘のW(ダブル・ユー)。辻ちゃんと加護ちゃんが金シャチをあしらった衣装を着てにっこり笑っています。(関連グッズを売るショップまであります。)

この博覧会では、名古屋城天守閣の上にあった金のシャチホコが地上に降ろされて展示されています。今回の目玉はなんと言っても「この金シャチにさわれる」ことです。
このために、現在名古屋城の天守閣はなんとなく間の抜けたサビシイ状態になってます。(そう感じるのは、金シャチが乗ってるのを見慣れてるせい?)

実はGW後の平日休みの折、実家の父母と祖母と共に行ってまいりました。
父母の気持ちは一つ。
「こんな機会そうはないから、金シャチに触っておきたい!」
そうですよね。私も触っておきたいです、ハイ(^.^)

ということで、入場料大人1,000円を払い、城内へ。ちなみに、常日頃の名古屋城観覧料は500円だそうなので、プラス500円が金シャチタッチ代といった所?

目指すは「金シャチドーム」
syati1

このドームの中に金シャチが展示されています。私が行った日は並んでいる列はまったくなく、すいすいとドーム内観覧コースに入場し、そのまま金シャチタッチへ移動。(混雑しているときはタッチする人とドーム内を観覧する人とは違う所に並んで、違う動線で入場するらしいです。)
金シャチは性別があり、オス・メスが横に並んでいます。大きさ・重さ・鱗の数が違うそうですが、一目見てどっちがどっちなのか、性別の区別はつきません。よーく見ると確かに顔はちょっと違うんですけど。

第一印象はやはり風格があるなあ、という感じ。大きさは思ったよりも小さいかも。天守閣の上にあって分かるぐらいだから、もっと大きいものだと思っていたんですが、そうでもないんですね。
結構おもしろがってべたべた触っていたら、オスシャチの警備員さんに「早く進んでください」と言われてしまいました。次の人、ほとんど並んでないのですが、忙しい時のクセでしょうか。しぶしぶ次のメスシャチに移動。メスの方の警備員さんは
「盗んでもいいですよ~。持ち上げられるならね~(笑)」
と言いながら愛想をふりまいていました。

syati2
残念ながらドーム内は撮影禁止のため、金シャチの写真は撮れませんでした。かわりに、おみやげショップの店頭にいたレプリカをパチリ。このショップには「金シャチグッズ」などがたくさん。金シャチの置物・オモチャ・ストラップなどなど。ハローキティの名古屋限定バージョンもありましたよ。


この名古屋城博ですが、開催は6月19日まで。
最寄駅(地下鉄市役所前駅)から出てきた所には、ちょっとビミョーなモリゾーとキッコロもお待ちしています。お家の植木や生垣も、目と口さえつければいつでも万博のアイドルに変身!
・・・いえ、悪いのではないのです。ちょっとビミョーなだけ(爆)
syati3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/26

De La Fantasia(デ・ラ・ファンタジア)

地球博関係の記事などが増えたので、「名古屋(万博あり)」というカテゴリを作って、関係の記事をそちらに移しました。
地球博だけでなく、名古屋関連の記事もこれから載せて行きたいなと思っています。


さて先日、名駅・笹島の「De La Fantasia(デ・ラ・ファンタジア)」に行ってまいりました。

笹島は名古屋駅から南側に10~15分ほど歩いた所にある旧貨物駅跡地。広い土地があるゆえに色々なイベント会場になったりしているところです。
(過去には、劇団四季のキャッツシアターがあったりしました。)

ここには現在、万博の「ささしまサテライト会場」があり、「De La Fantasia(デ・ラ・ファンタジア)」が開催されています。
この「デ・ラ」は名古屋弁の「でぇ~ら~」(すごく、というような意味です。)から来てる・・・んだと思います(^^ゞ
何があるかというと、まずは「ポケモン・ザ・パーク」というポケモンキャラクターをモチーフとしたテーマパーク。家族連れに大人気!先日も、ポケモンのTシャツや帽子を身につけて盛り上がったお子様達がたくさん歩いておりました。

今回、私は何を目的に行ったかというと、「ささしまミュージアム」という建物でやっている「アートオブ スター・ウォーズ展」です。
実はSF好きのワタクシ。スター・ウォーズも好き。(特にハリソン・フォード演じるハン・ソロが・・・(^^ゞ)
今回はこの7月から公開されるエピソード3からの展示がたくさんあるということで、いそいそと見に行ってまいりました。
実際に見ると、やはりおもしろいです。すごく精巧だなあ、とか、よくこんなアイデアがでるなあ、とか。これがあのダース・ベーダーの・・・などなど。
これだけ世界中に熱烈なファンを生み出しているそのわけは、このコリようにあるのですねえ。
これからのエピソード3の公開がまたまた楽しみになりました(^^)

ところで、場内は男性率非常に高し。こういうものに興味を持つのって男性が多いんでしょうか。食い入るように見つめている人もいらっしゃいました(^^ゞ

展覧会をでたところには当然のごとくグッズショップが・・・。実はここで、リアルな顔のフィギュアがマグネットになったものを買ったのですが、2つ買ってでたのがジャワとタスケン・レイダー・・・
ちょっと地味じゃあないですか?C3POとかR2-D2とかが欲しかったです。(タトゥイーン好きの方、すいません^_^;)でも、この2つ、現在我が家の冷蔵庫に2ショットで貼り付いております。
グッズショップの横にヨーダのフィギュアと撮影できる写真コーナーもありました。ちょっと写真、撮りたかったかも(^.^)


展覧会を見た後、マーケットファンタジアに行きました。ここはショッピングモールで、世界のグッズなどが色々買えます。トルコのお守りのショップとか、韓国の組みひもを使ったストラップなどなど。結構いろいろなものがあって、おもしろかったです。韓流スターグッズなんかもありました。

このデ・ラ・ファンタジア、期間は万博に合わせて9月25日までやっています。(スター・ウォーズ展は6月26日まで。7月からは恐竜博になります。)大人向けには「黒服」な方が迎えてくれる往年の「ディスコ」とか、お笑いステージなどのあるアミューズメント施設などもあり、飲食店やグッズショップ、神戸のルミナリエがちょっとだけ出張してきたようなライトアップなどもあります。夜も結構楽しめそうです。
今度は、手塚治虫さんの著書をストーリーにしたプラネタリウムに行ってみようかな。なんでも、500万個の星が写るすごいプラネタリウムらしいです。

万博にいらして時間の余裕があったら、寄ってみるのもよいのではないでしょうか。


・デ・ラ・ファンタジア
http://www.delafantasia.jp/index.html

・スター・ウォーズ日本公式サイト
http://www.starwarsjapan.com/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/15

愛・地球博ツアー その2:会場にて

ダンナの両親が地球博に行ったのは、5/6でした。
GW中、唯一の雨の日です(泣)

前日から、天気予報は雨でしたけど、あんな本格的な雨になろうとは・・・
両親は結局ぐっしょりと濡れてしまったそうです。まあ、ひどい雨には降られましたが、その分人が少なくてよかった、と言ってくれたのがありがたかったですが(^_^;)

岐阜の長良川温泉から直通バスで会場へ向かった両親。会場直後ぐらいに入場できたそうです。
でも、その後すぐにトヨタ館に向かってみたものの、すでに整理券はない状態。
入場者数は6万人ほどだったのですが、やっぱり企業館は厳しいんですね~。
一応、マンモス+オレンジホール(月の石があるところ)と、長久手愛知県館を予約していましたので、そこはもちろんスムーズに入れたそうです。

結局外国館をゆっくりと回ることにした両親。一番見たいといっていたスペイン館に向かったのですが、この日はイベントをやっていたため一般の入場者は2時まで入れず。残念ながらあきらめたそうです。
あとはイギリス館でイングリッシュガーデンを見たり、ハーブティーを飲んだりして、すぐに入れる所を中心に、ゆったりと過ごしたそうです。
外国館はレストランやショップを併設しているところが多く、ちょっとした世界旅行気分が味わえるようですね。世界各国の食べ物の食べ歩きというのも楽しそうです。


食べ物と言えば、なぜだかジャンボサイズのものがけっこうあるそうで。時々ニュースで見ますが、30cmもあるジャンボホットドッグや高さ50cmのソフトクリームなど(゜o゜)
個人的にはいろんなものを少しづつ食べたいたちなので、量があるものに特別な興味はありませんが、話の種にはいいのかな。
もちろん、名古屋グルメとして、味噌カツドッグとか八丁みそソフトクリームなんてものもあるようです。味噌カツはともかく、八丁みそソフトは・・・どんな味なんでしょうか?


そういえば、先日万博に言った際、ニュージーランド館で大きなヒスイを見た我が父。係員さんに
「これは日本円でいくらですか?」
と聞いたそうです。そうしたら、係員さんの答えは
「アナタ、名古屋ノ方デスカ~?」
だったとか。名古屋の人は値段を聞くと思われているんだろうか、とうちの父は不思議がっていましたが、私が思うに、
名古屋弁丸出しだったんじゃないの?
(名古屋弁例)「これは日本円でいくらだね~?」

| | コメント (6) | トラックバック (0)